ポケモンGO 2017年横浜GOパーク レアポケ大量発生イベントレポ

2017年横浜で行われた街型イベント「ピカチュウ大量発生チュウ」。

それに連動し、ポケモンGOのイベント「ポケモンGOパーク」が同時開催。

TaNA
ポケフリークとしては、絶対見逃せないイベントなので、真夏の人が多くてクソ暑い中、汗だるまになりながら参加してきました。

電車降りると早速ピカチュウのお出まし。

ちなみに開催場所は、横浜カップヌードルミュージアムパークと赤レンガパークの2つ。

JRであれば桜木町駅、後は地下鉄みなとみらい駅からのアクセスが可能。

下の写真はJR桜木町駅周辺。

駅構内の標識や案内板もピカチュウ版に!!

TaNA
駅を降りた瞬間から、大量のルアーが使われたストップから、めまぐるしい数のレアポケモン達が出現。

改札口付近もかなり混雑しており、ポケモンの人気の高さが伺えます。

今回はGOパークのイベントレポートとして、当日の風景を一部ご紹介。

SPONSORED LINK

桜木町はピカ様だらけ

駅改札口を出て振り返れば、早速ピカ様の装飾が施されてます。

多分飛ばないと思うけど、可愛いピカチュウの飛行船↓↓↓

ポケモンGOパークにあるポケストップの殆ど(99%)にルアー化。

マップ上には大量のピカチュウ、普段あまり目にする機会の少ないポケモンばかり。

木陰で涼みながら、一心不乱にポケモンを捕獲する大人たちも。

道中もレアポケモンばかり

とにかくちょっと歩くだけで、次から次にレアポケモンが出現。

TaNA
野生では超低確率でしか出現しないラッキーも、かなりの確立で現れます。ポケモンGOPlusでは逃げられるので、ラッキーやヨーギラスは自分で捕まえるのが吉。

今回の目玉の一つであるアンノーン。

横浜開催にちなんでYOKOHAMAの文字が出現するらしい(下の写真は多分K)

もう一つの目玉がバリヤード(通称マサコ)。

日本での通常プレイでは手に入らないレアポケなので、是非捕まえたい1匹。

GOパークに入らずとも、ヨーギラスやメリープのようなレアポケモンは出てくるみたい。

後はカントー・ジョウトの御三家もよく出てきた印象。

大量のバリヤード

まずはカントーエリアである赤レンガ倉庫へ。

こちらにもリアルポケストップが設置。

TaNA
また至る所でレアポケモンのレイドバトルが開催されており、人数が足りずに倒せないという事にはなりませんね。

ポケモンとコラボした自動販売機。

他にも横浜ハーバーとコラボした商品や色んなグッズも販売。

可愛すぎる。

TaNA
ポケモンGOパークでは大量のポケモンが出てくるので、いちいち手で捕まえていると間に合わないし面倒。そんな状況を考慮してか、パーク内ではポケモンGO Plusの体験コーナーが設置されていました。

そもそも後半になるとボール枯渇の問題の方が大きかったですが・・・

ポケモントレーナーの為にwifi飛ばす車が。

確かにこれだけの人数がいるから、こーゆー気遣いは大変ありがたい。

普段はレイドバトルに登場しないレアポケモン達がレイドジムに出現。

レイドバトルのピカ様も可愛いけど、正直もうピカ様はお腹一杯。

TaNA
ニャースってレアポケなのか分からないけど、確かにあんま見ないかも。

そしてジョウトエリアにはあのバリヤードが大量発生。

TaNA
私が行ったのは後半の日曜日でしたが、それまでバリヤードがあまり出現しなかったみたいで、急遽バリヤード専用エリアになったらしいです。

だからと言って極端過ぎないか!?

トレーナーを囲むマサコ。

海の上でパントマイムに勤しむマサコ。

あれだけ「バリヤード」って単語を耳にする事はこれまでありません。

これから先も無いでしょう。

レアポケ大量出現

他にも大量発生するポケモンがいました。

カントーエリアの海沿いでワニノコ大量発生。

そして臨港パーク内ではオドシシ大量発生。

ポケストップが無い場所でも出てくる(;^_^

どこもポケモンカラー一色

赤レンガ周辺も凄いけど、マークイズと横浜美術館周辺も凄いストップの数。

TaNA
大量のレアポケモンが出現。ただ後半にはボールもきのみも無くなっていたので、かなり機会損失だったかも…

ちなみに今回、昼11時〜夕方16時くらいまでいて、こんだけ捕まえました。

ミルタンク:2

オドシシ:4

ピッピ:5

ワニノコ:5

ヒノアラシ:7

チコリータ:6

フシギダネ:5

ヒトカゲ:8

ゼニガメ:4

エアームド:2

ラッキー:8

ワンリキー:15

ヨーギラス:9

ブルー:5

メリープ:15

アンノーン:5

バリヤード:9

ピカチュウ:23

SPONSORED LINK