ポケモンGOを無課金で一年間やり続けた結果

2016年7月22日、日本でリリースされて以降、若者は勿論、普段はポケモンをやらない高齢者の方々含め、街を歩けば、色んな人がスマホの画面に夢中になっていた。

ポケモンGOきっかけで色んな社会問題(歩きスマホ・脇見運転など)も報道されているが、自分含め、ポケモンGOのおかげで、外を出歩く機会は増えたんじゃないだろうか。

また序盤は女子高生やOLもポケモンGOをプレイしており、通りすがりの会話内容が面白かったり、いきなり知らない白髪の紳士に「サイホーンいましたか!?」と話しかけられたり、何気に街を歩いているだけでも面白い。

そんなポケモンGO、一年間無課金でプレイし続けた結果はいかに!?

スポンサーリンク

ポケモンGOの図鑑はコンプリート出来たか!?

世界中で多くの人にプレイされているポケモンGO。

どうも世界の各地域でしか出現しないポケモンもおり、ガルーラやバリヤードなどは日本国内にいる限り、捕まらないみたいねorz

それでも都内に住んでいるので、ポケストップも多いし、希少なポケモンの巣も多い。地方在住者に比べれば、かなり優遇されているので、何とか219匹をコンプリート。

どのくらい歩いてポケモンを捕獲+進化させた!?

土日は新宿など都心に出る場合、極力歩くようになったし、勤務先が近いので、行き帰りの通勤(片道30分)を、ポケモンGOきっかけで歩くようになったのは、健康にも一役買っている。

一年前に比べて、明らかに歩く時間は増えていると思う。

リリースされてから後半は、ポケモンGO plusを購入。

かなり流れ作業でポケモンを捕まえていたので、この数字が多いのか少ないのかは分からないけど、乱獲してはオーキドの親父に送りつける毎日。

序盤はレベルも上がりやすい上、しあわせ卵も手持ちに幾つかあったので、とにかくポッポマラソンでレベル上げを行なっていた。

しかし後半につれ、レベルが上がりにくくなり、進化時のアニメーションを見るのが憂鬱になり、進化させる回数も随分減ってしまった。

あのアニメーションはスキップ出来るような設定を付与して頂きたいね。

無課金で一年間プレイしてもレベル40到達は難しい

無課金で一年間、ポケモンGOをプレイした結果、最終的にレベル34まで上がった↓↓↓

ちなみにレベル30に到達するための必要経験値は200万、レベル40になると必要経験値2000万らしい。無課金だけど、割と休日は歩き回って、経験値を稼いできたつもりでも、500万には届かないレベルなので、課金せんと厳しい…

経験値を稼ぐ手段が、ポケモンを捕まえる、ストップを回る、ジムバトルを行う、ポケモンを進化させるのいずれかで、後半になると、どの作業も飽きる。また平日働いている人は時間がないので、健康を考慮したウォーキングついでにやるレベルに抑えた方が吉。

最初に選択出来るチームで黄色を選んだ事を後悔!?

自分の家も周りでは、圧倒的に青色が多く、次いで赤色のユーザー。

ジムが黄色になっていることは、ほぼ皆無だった。いつもジム戦が辛い…

ナイアンティックが「ポケモンGO」のチーム別アクティブユーザー数を公開していたが、どうも私の自宅周辺に限った話ではなく、青と赤チームが群を抜いて多いらしい。

黄色チームのキャラクターがチャラいからじゃないだろうか…

勝手な妄想で黄色チームを選択していれば、きっと伝説ポケモンのサンダーが貰えると思っていた。本家ポケモンでもサンダーの強さは群を抜いている。

またポケモンGO環境でも、まだまだ協力な電気タイプが少ない為、きっとサンダー様が降臨すれば、赤・青チームの人は後悔すると思われる。

本格的にやるならポケモンGO Plusは必要!?

後半になると、いちいちモンスターボール投げて捕まえるのもダルい。

とくに朝の通勤時など、いちいちスマホ画面を見る暇もない上、そもそも歩きスマホは危険なので、やっぱGO Plusはあった方が良い。

個人的に感じるポケモンGO Plusのメリット↓↓↓

  • 歩きスマホをしなくなる
  • 首の痛みや猫背が解消される
  • スマホの電池消費が軽減される

ポケモンGOきっかけで歩く時間が増えたのは確かなんだけど、それだけスマホを見る時間(下を見る時間)も比例して増えており、当初は首が痛くなることが多かった。猫背にもなるし…

更にポケモンGOの影響で売れ始めたスマホ充電器、ポケモンGOをやり続けると、確実に電力消費が増える為、極力ポケモンGO Plusを併用し、スマホ画面を起動させる時間を減らした方が懸命だと思われる、

個人的なお気に入りと育成で苦労したポケモン

やっぱお気に入りは、小学生時代から好きだったリザードン。

かっこよすぎる(◆b’∀`d)━ィィッ

リザードンに関して、通常ヒトカゲは出現率が低いが、何かのキャンペーン期間中に多く出現する機会があったので、幾分か育成は楽だった。

カビゴンは街中での出現が難しいので、卵で孵化させ、足でアメを稼ぐ必要があり、かなり育成には時間がかかったので、ホント苦労させられたね。

本家ポケモン同様、やはり人気のピカチュウが優遇されている。

やっぱ可愛いよね。

レイドバトルにおけるトップメタのポケモン達

一時期は街に点在する大体のジムにCP3000級のカイリューが居座ることが多かったので、ポケモンGOではなく、カイリューGOでは!?と揶揄されることも多かった。しかしレイドバトル導入に伴い、同じポケモンを同一ジム内に配置することが出来なくなった。

それでもカイリューは強いんだけど、ポケモンGO金銀世代迄のトップメタは相変わらず、カイリュー、バンギラス、ギャラドス、カビゴン、ハピナス、サイドンあたり。

特にノーマルタイプのカビゴン・ハピナス、また飛行タイプのカイリュー・ギャラドス、悪岩タイプのバンギラスに強く出られるサイドン(いわくだき+ストーンエッジ)が、かなり使える環境に感じる。

技がイケてなくても、評価が高ければ、技マシンを使う価値はアリ。

スポンサーリンク