ベイファン必見・ハマスタレジェンドマッチ

横浜スタジアム改修に伴い、横浜スタジアム40周の歴史を支えた往年の名選手が集結したイベント・ハマスタレジェンドマッチ。当日は雨が心配されたものの、試合開始前には天気も回復し、イベントも無事開催された。

選手それぞれのキャッチフレーズがいちいち面白い。ヒゲのファイアマンってw

関内駅を降りると、相変わらずベイスターズ推しの強さに気付く。

今回のこのイベントについて、横浜大洋ホエールズ時代に活躍した往年の名選手を中心とするTEAM YOKOHAMAと、1998年、セ・リーグ優勝、日本一を達成した、横浜ベイスターズの選手を中心としたTEAM 1998の対戦。

スーパーカートリオやカルロス・ポンセを除き、大洋時代の名選手については、あまり知識が無かったけれど、98年日本一に輝いた当時のメンバーは今でも覚えている。

残念ながら、石井琢朗、波留、ローズはいなかったけれど、大魔神佐々木や鈴木尚典など、とても懐かしい。特に谷繁捕手がベイスターズ時代のユニフォームに袖を通した姿は感慨深い。中日時代が長かったし、もう見ることないだろうと思っていたのでね(;^_^

イベント自体、色んなパフォーマンス(TUBEの前田さんとか)があったり、歴代の応援歌やマスコットが出てきたりと、野球が好きであれば、ベイスターズの知識が無くても、十分楽しめるイベントだったかなと思います。来年もやってほしい。

そして可愛いマスコットに混ざって、アイツが乱入してきた!!

ブラックホッシーwww 1塁ベンチ前で、佐伯選手にジャイアントスイングを貰い、ベンチ裏に帰っていったのは笑えた。

肝心の試合について、往年の名選手が沢山いたので、観客それぞれ思い入れのある選手が出てくると、一際声援が大きくなる。特に鈴木尚典選手と佐伯選手、中畑清監督は、今でも非常に人気が高いようで、大声で応援する人も多かった(^_^

またベイスターズのラミレス現監督、現役時代から色んなパフォーマンスをしていたが、こーゆーイベントでも抜かりがない。ちょっと離れている外野席でも、観客を盛り上げようと色々やってくれた。

ただのレフトフライを捕った後も、現役時代さながらのアイーンポーズをしてれくた。

次々に往年の名選手が出てくる中、試合は最終回の5回裏。なんと大魔神佐々木とTEAM YOKOHAMAの中畑清監督が対戦。綺麗にレフトに抜けるヒットを打った時は、一際歓声が上がったり、試合終了後のヒーローインタビューでも、番長三浦大輔の香水が臭いだの、98年メンバーは皆口が悪く、仲が悪いだの、当時を知るメンバーが笑いながら話をしていた。

今回のイベント、横浜スタジアムの改修に伴い開催されたイベントらしく、しばらくの間、ハマスタも閉鎖されるみたいね。また来年、新しく生まれ変わったハマスタで、ベイスターズの戦いを見守りたい!!

スポンサーリンク